top of page

イクシェルブレッシング トリオセッション メッセージ



凪さんよりメッセージが届きました。





「今年の春から、12月22日の冬至までの期間限定のセッションも、残すところ1ヶ月となりました。


マヤの宇宙情報や高次元の波動の理解と体験を促し、スピリチュアリティをあげるサポートをするための3人3種のセッションによって、不思議なシンクロや意外な発見、ありえないようなブレイクスルーを体験された方もたくさんいらっしゃいました。


一番ユニークな現象は、マヤにほとんど興味や知識がなく、インスピレーションでセッションを受けた方に、マヤ暦の情報との緻密でタイムリーなシンクロが多く発見されることでした。


スピリチュアルセッションを受けるために、壮大な使命や大きな苦難、なかなか叶わない願い事などがなければいけない、ということはありません(笑)。


誰にでも、今・ここから変化・成長・進化できるためのチャンスと気づきが得られます。


新しい年を迎える前に、何かもう一波の変化と祝福を呼び込みたい方は、何気なくという風の時代らしい軽やかさで、このトリオセッションをお受けになってみてください。


マヤ暦に興味がなくても、マヤの銀河の智恵と波動の恩恵を受けとれるよう、セッションを通じてチューニングいたします。」



Nagi











本当に多くの方に、イクシェルブレッシングを受けていただきました。

同時に私もかなり多くの経験と成長をさせていただきました。


マヤのトリオセッションやマヤの講座がスタートして、

思い出したことがあったのです。

それは私がスピリチュアルジャーニーを歩みはじめたばかりのこと。


私が今までの自分から本当に変わりたいと心から思い行動を始めたら、

望んだわけでも求めたわけでもなくとも、

自然と私の前に必要なものや人が現れてくるようになりました。


2013年がマヤの2万6千年周期の最初の年だったのですが、

2013年から、私は見えない何かに突き動かされ導かれ、

今までの人生をすべて変えるという思いに至り、

0歳の息子を抱えて一人で生きていく決意をしました。

その年私は「アミ小さな宇宙人」という本に出会って、すべての点がつながって

完全にスピリチュアルの世界の探求に入っていきました。

眠っていた目がさめたような気持でした。

その本に出会うための付箋はもっと前からありました。


知らぬ間にマヤのエネルギーとともに動いていたんですね。

そのことをうまく言葉にはできませんが感覚がキャッチしてくれました。

こうして今年マヤに関するセッションや講座が開けて、

宇宙のつながりのある方達と多くの出会いがあり、

10年経った今年に、さらなる大きな気付きを与えられています。



皆さんにもマヤの恩恵をたくさん感じていただき、

狭い世界に閉じこめられていた自分自身を解放していただきたいです。

このトリオセッションは、スピリチュアルの探求がどのレベルの方であっても

充分に情報を与えられるセッションとなっております。


お申し込みはお問い合わせフォームからよろしくお願いいたします。




Comments


bottom of page