Sea Priestess


今日は私のシンクロのお話。

私事なのですが、長くなるのでご興味ある方だけ読んでくださいね。


Mauraという名前ってどういう意味があるんですか?

と時々私の名前の由来を聞いていただくことがあります。


名前を付けて活動をしようと決めた頃、太陽の光で本当に元気にしてもらっていた私は、

どうしても光を意味する言葉がつけたかったのですが、

しっくりくる言葉がなかなかみつからず、

サンスクリット語で光を表すAURA と私の名前の頭文字のMをとって組み合わせて

Mauraという名前を付けました。


マウラさんとよく呼ばれてしまうのですが、「モーラ」と言います。

海外の女性のお名前で良くあるそうで、なぜか外国の方にも呼んでもらいたいとその時思って、そちらの読み方にしたんです。

日本語で網羅するという意味も込めました。


後々、わかりにくい言葉をつけてしまったーと思って、良くなかったかなと思った事もありましたが、今は自分と光を組み合わせたことも、とってもとっても気に入っているんです。

私らしかったな、と思うことができています。

「私」がない、と思っていた私が 今は「私らしさ」を感じれるようになったことも、感慨深いです。



実は今年に入って驚くようなことがありました。

主人の実家から車で10分くらいのところに「真浦神社」という場所があるよと、

発見してくださった方からご連絡をいただきました。

主人の実家からすぐのところというのにもとても驚いたのですが、

さらに驚いたのが、真浦(MAURA)神社と書いてモウラジンジャとよむそうで。


これはきっと何かある?!と思ったのですが

そのころはちょうど緊急事態宣言中ですぐに行けなかったのですが、 解除されてからすぐに行って参りました。


真浦神社は海のすぐそば、高台にあり海が一望できる場所で、大きな岩も祀られています。

海を守っている神社です。

天照大神、須佐之男命、表筒男神を祀っています。

そのときは一生懸